サラリーマンでも株式投資で儲けられる

こんにちは、株と聞くとなんとなく損をしそうで怖いと思う人が多く、手を出すことはやめておこうと銀行にお金を預けっぱなしにしている人は多いのではないでしょうか。確かに毎日株価は乱高下を繰り返し、心理的に不安になる気持ちは分かります。しかし一方で株をせずに銀行にお金を預けっぱなしにすることで現金が減らず安心だと思うかもしれませんが、それは間違えです。例えば10年後に牛乳1リットルの値段が200円から1割高くなり220円となったとすると、現金の値そのものは変わらないものの、現金の価値自体は下がってしまいます。酷い例では国家自体が破綻や財政難に陥った場合、その通貨が国際的に価値を持たなくなり、紙切れになってしまうという恐れもあります。実際にジンバブエという国はハイパーインフレを起こして一年で物価が45倍になり銀行にお金を預けている人は瞬く間に貧しくなってしまいました。日本でそのような極端な事は考えられないものの、全て資産を現金で保有するという事はお金が増えないばかりかリスクも大きいという事です。

そこで資産運用が必要になるわけですが、いざ始めてみようにも、株、債権、FX、不動産、金など様々な投資対象があり、何をすべきかをまずは考える必要があります。私は株式投資をお勧めします。理由としては手軽に始められて利回りが良く、リスクも長期で見た場合十分抑えられるからです。しかし、プロの投資家やデイトレーダーが毎日複数のディスプレイを見ながら株の値動きをチェックする様子をテレビなどで見た方も多いかもしれませんが、株式投資を行うとしてそのような強豪にただの社会人である我々が勝てるのかという疑問も付きまといます。まずはこの疑問を明らかにした上で、我々社会人が株で資産運用を行うための戦略を立てていきたいと思います。

社会人が資産運用を行う上での戦略

まずプロの投資家やデイトレーダーに株の運用で勝てるのかという事に関して結論から言うと、短期や中期では勝つことは難しいと思われます。彼らは様々な景気指標や為替の動き、或いは我々が知り得ない情報を足を使って手に入れ、それをもとに株の売買をしています。更に最近ではAIが自動で売買するという事も活発になってきており、チャートを分析して適切なタイミングで売買を行うのはAIが得意とするところです。囲碁や将棋でプロを破るAIがチャートの分析をしたらどうなるか、そこで個人が勝てるのか?という事を考えるとどうなるかは明白でしょう。しかし、ある程度長期となると話は別です。イギリスのEU脱退やトランプ大統領の当選、北朝鮮など様々な要因が絡み合う中で長期的な株価の予測を立てる事はプロでも非常に困難です。また、少子高齢化に伴い医療分野が伸びる、環境エネルギーを重視する風潮の中で太陽光が伸びるなどと予測が立てられても、どの企業がその変化にうまく適用するかという事を判断するのは難しいと言えます。よってサラリーマンでも短期の売買は避け長期で行う事でプロと互角とまでは言えないまでも張り合う事ができます。また知識があったとしても短期の売買を繰り返していたら仕事どころではなくなるのでそもそもギャンブル目的でもない限り短期の売買はすべきではありません。

また株には個人を優遇した制度があります。それは株主優待です。株主優待は株をある時期に保有していれば貰える企業からの贈り物で、例えばオリエンタルランドの株を購入するとディズニーのパスポートを、ビッグカメラの株を買うとお買物券が貰えるといった具合です。大抵の株主優待は最低の株の保有数でもらう事ができ、株の保有数を増やしたところでそれに比例して優待の内容が増えるという訳ではないです。例えばカゴメの100株を持つとトマトジュース等が送られてきますが、400株持っていたところで4倍のトマトジュースをもらえるわけではなく、100株持っている場合と同じです。何万株もの株を運用している機関投資家からすれば不平等に感じますが、我々サラリーマンとしてはお得な制度と言えます。これを我々は活用しない手はないでしょう。

次に、話は変わりますが、株の売買には手数料や税金が掛かります。手数料は割安なネットの証券を使う事とし、税金は下手をすると儲けてもいないにも関わらず損をしてしまうという事態が発生するため注意が必要です。

最後に銘柄を探して購入するとして、何を基準に購入するのかという指標が必要です。さもないと誰が見ても冴えないと思われる株を掴んで損をするという事になりかねません。株価指標や経営指標を学ぶことで銘柄選択のヒントとしていきましょう。余談ですが、日経新聞も株価の話題が多いのできっと楽しくなるでしょう。

以上により、本サイトでは長期投資、株主優待、手数料・税金、株価・経営指標の4点をできる限り著者の投資体験も踏まえて解説し、銀行や投資信託を上回る収益を確保する事を目指します。最初の質問に答えると、手数料や税金を抑えつつ、長期投資と個人優遇制度である株主優待を組み合わせ、ダメ株を株価指標と照らし合わせて見抜く事により、機関投資家に負けない収益を上げることができるようになるでしょう。

著者略歴

大阪大学でシステム制御工学を学び、同大学院の情報系学科にてデータマイニング、人工知能を専攻。安易に投資信託に手を出しリーマンショックで手元資金を半分にする。その後株・FXで出版されている書籍・雑誌を読み漁り研究、また過去の株価データ、為替データの分析を続ける。現在大手電機メーカーにてソフトウェアエンジニアとして勤務、株は趣味として続ける。